1. ホーム
  2. お知らせ

【マーケティング、CI、VIに関する協働のお知らせ】

2019.04.17

【マーケティング、CI、VIに関する協働のお知らせ】

主に九州を中心としたお客様の発展の支援を目的とするバレンシアコンサルティング株式会社では、お客様の成長とサスティナブル(持続的)経営に欠かせない、マーケティング、ブランディング、プロモーション分野での支援を強化・拡充することを目的に、株式会社メディア・パラダイム研究所(東京都中野区)ならびに合同会社石川明デザイン研究所(東京都中央区)との協業を進めることで合意いたしました。

 

メディア・パラダイム研究所は、マルチメディアやインターネットの黎明期ともいえる1996年(平成8年)に、お客様や取材・調査などを通じて得た情報を紙媒体・電子媒体・イベント媒体・映像媒体など、さまざまな媒体(メディア)を融合し、「One Source Multi Output」を実現していくことを目指して設立。以降、主にB to B、B to C、B to B to Cに関するプロモーションに携わり、そこで蓄積した経験と知見を踏まえて、企業や団体のマーケティング戦略、ブランディング戦略の一翼を担っています。代表者である奥平 等氏は、コンセプトづくりを得意とするプランナーであるとともに、IT系・教育系を主軸に記者・編集者・コピーライターとしても活動。そこで培った「取材力」を踏まえて、常に「お客様の視座に立った」プランニングを心掛けています。

http://www.media-paradigm.co.jp/

 

石川明デザイン研究所は、大手広告代理店や大手印刷会社から最も信頼を得ていた制作会社である「株式会社アイドマ」において代表取締役社長 兼 クリエイティブ・ディレクターとして務めてきた石川 明氏が、2010年に独立して設立。石川氏はこれまで、官庁や上場企業、国際イベントをはじめとする多数のシンボルマークやロゴマーク、グラフィックデザインなどの制作を牽引し、過去毎日広告賞、読売広告大賞などを受賞するなど、特にCI(Corporate Identity)、VI(Visual Identity)分野における我が国の第一人者です。

CIやVIは、1980年代のいわゆるバブル経済期にその文化・特性・独自性を統一されたイメージやデザインとして構築し、分かりやすいメッセージとして社会に発信・共有することで存在価値を高めていくブランディング戦略の1つとして注目を集めましたが、市場の成熟化、少子高齢化、嗜好の多様化など、現在、企業・団体を取り巻く環境が大きく変化する中で、改めてCIとVIの重要性を再認識すべきであるとの観点のもとに取り組んでいます。

http://ia-designlabo.jp/

 

なお、本協業は当面、会社案内やセールスツール、Webや広告媒体などのプロモーション支援の一環として、企画・制作提案をさせていただき、皆様のお役に立たせていただきたいと考えております。

併せて、マーケティング、ブランディング、プロモーションを通じて「企業変革」、「組織変革」、「サスティナブル経営」に取り組みたいと考えているお客様には、その礎(いしずえ)となるご提案からスタートしますので、お気軽にお声掛けください。